<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

無縁社会   

台風情報見ようと思ってテレビつけたら、やってますね。
「無縁社会」のお話。

何だか色々な議論が繰り広げられているけど、このテーマって本当に根深いです。
急に無縁社会が始まった訳ではなく、様々な原因が積み重ねられた結果。
そして誰にでもこの当事者になる可能性があるという事。
勿論私もです。冗談ではなく「孤独死」の事とかはよく頭をよぎります。

段々気が滅入ってきたので、早々にテレビは消してしまいましたが
印象的だったのは「これは半端な福祉を目指した日本の当然の結果だ」という意見。
日本、どこからおかしくなってきたのか。
司馬遼が言っていました。現代の日本人のルーツは江戸時代(武士)の精神なのではと。

今はあまり色々な事は考えたくないので、今日はこの辺で止めておこう。
試験終わったら色々と読みたい本もあるし会いたい人もいるし
考えたい事も山ほどある。
その際には無縁社会の事もよ〜〜〜く考えたいと思います。
[PR]

by usayamama | 2010-10-30 22:59 | 日々の事

待ってました   

d0071590_22574392.jpg

これこれ!
なかなか届かなくて、ポストに入っていた怪しげな広告と一緒に捨ててしまったのでは
ないかと心配していたけど、無事に届きました。

これが届くと身が引き締まる。そして焦り・・・。

これからがキツいんだよねえ。

終わってから一番にしたい事は村上春樹さんと吉本隆明さんの本を読んで
お酒飲んでべろんべろんに酔っぱらって、昏々と深い眠りにつく!
[PR]

by usayamama | 2010-10-24 23:05 | お勉強

新しい相棒   

パソコン騒動も一段落。
結局、修理するのに費用も時間も掛かる事と使った年数を考えた結果・・・
新しいのを購入しました。

自宅のパソコンは絶対Mac派でございます。
愛嬌があるんですよね。
今までに何台も使ってきたけど、どの子も本当にかわいかったなあ。
実はかなり家電に萌えるタイプ。

今度の相棒はMacBook Pro
初のノートです。デスクトップの大きさにも萌えるんですが
店頭で今のiMac見たら、君はテレビかい?そんな大きさ。大きすぎる・・・。

電源入れるとWelcomeのムービーが流れて、ワクワク感が膨らみます。
そこからちゃっちゃと設定が進み、箱から出してあっという間にネット接続。
起動も何もかも全ての動作が早い!この子かなりパワーあります。

もっとカスタマイズしたいのだけど、試験後のお楽しみにします。
[PR]

by usayamama | 2010-10-23 21:16 | お買い物

入院!   

私じゃありません。

私がこよなく愛するパソコンが。


雨の中どーにか持ち込んで、お店の方と話し込む。事態はかなり深刻らしく、ハードとモニタとロジックボードが悪いとの見解。って事は全部ダメ…?
とにかく写真は救って下さいと懇願したところ、どーにかなりそう。良かった!


でも、買い替えかな。もし買うなら今度はノートにするのもいいかも知れない。
修理代の見積もりがまだ出てないけど、かなり前向きに買い替え検討中。


今年の暑すぎる夏の影響か、夏は修理の依頼が多かったんですって!
異常気象の弊害がこんな所にも出るんだなぁ。
困ったものですね。
[PR]

by usayamama | 2010-10-09 21:58

ワインの誘惑   

d0071590_23244354.jpg

負けた…。
今宵はワインに負けたわ。

金曜日だし、お勉強は打ち切って、ワインでリフレッシュ中(*^o^*)

しかも100%確実に笑える「すべらない話」で爆笑中。
これDVD揃えたいなぁ。たまには笑わないとね!
[PR]

by usayamama | 2010-10-08 23:24

しまった!   

とうとうパソコンが本格的におかしくなった模様。
今バックアップとってるのだけど、イライラする程遅い(-_-#)
ずっと考え中。これは睡魔と忍耐力との戦いになりそうだな。

消えると困るのは写真…。これはまずい。
音楽はこの際諦めても構わないけどさあ、写真はどーしても取り戻せないのもあるからなあ。

取りあえず立ち上がって普段の画面が出るから、データは飛ばないとは思うのだが…。

しっかりしてくれ〜。
[PR]

by usayamama | 2010-10-05 00:23

吉本隆明さん他   

最近は息抜きというか、どうしても勉強に向かえない時に読む程度です。

①吉本隆明『ひきこもれ』だいわ文庫
②吉本隆明『私の「戦争論」』ちくま文庫
③吉本隆明『父の像』ちくま文庫
④池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題』角川SSC新書
⑤早坂隆『指揮官の決断〜満州とアッツの将軍 樋口李一郎』文春新書

こんな傾向です。
絶賛おもしろい吉本隆明さん。
普段「あれ?」って思っている事を躊躇なく明瞭に言葉にしてくれるので
私としては頭の中が整理されて、すごく気分が軽くなります。
その一言一言は重みがあって、何を論じるときも覚悟のような強さを感じます。

①の中では「ひきこもりが悪い事とは思わない」ときっぱり言い切っています。
ひきこもりには2種類あって
どうも世の中とはうまく合わず一人でいたいんだという人たち。
もうひとつはある境界を超えて病気の範疇に入っている人たち。
吉本さんの仰るように、前者は多分昔からいるの。
昔は他人にもっと寛容だったんだろうね。「あの人はそーゆー人だ」みたいなゆとりが。
今は何でも「病気」にしちゃった方が周りも楽なんだろうなあ。
何だかよく分からない変わり者、宙ぶらりんじゃだめかな?(←多分私はこのタイプ)

②は軍国少年だった吉本さんが小林よしのり氏の「戦争論」に待ったをかけています。
③は太宰治や夏目漱石、森鴎外などの作品からどのような父親像が表れているか、
文豪たちの父との関わりについてお話しています。
④は勉強兼ねて、国際問題を少し整理したくて読んでみました。

⑤はusayamamaの毎年恒例の夏に戦争モノを読もうキャンペーンの一環です。
ナチスに追われたユダヤ人を満州に逃がした陸軍軍人。
そしてその後は指揮官としてアッツ島の玉砕の決断をした方のお話です。
困難や災難って人を選んでやって来るのか・・・。

本を開けばそこには新しい世界が広がり、多くの発見があります。
試験が終わったら、その足で本屋さんに直行します!
[PR]

by usayamama | 2010-10-03 01:39 | 読書

家電が・・・   

この数年で、様々な家電が壊れてゆく。
テレビ、アイロン、冷蔵庫、掃除機・・・。

そして近頃、このパソコンの機嫌がかなり悪い(今日はかなり良い状態)。
立ち上がるのにも恐ろしく時間がかかり、重い。
これは今年の猛暑のせいか、私が酷使し過ぎたせいか。
メンテに出したいけど、バックアップがとれるのかさえも危うい。
ある日突然動かなくなる前に見てもらうかな。

さて、東京は快晴です。
洗濯干したら、今日は青山と新宿と吉祥寺で用事を済ませます。
どのルートで行こうか、考え中。難しいなあ。

皆様ステキな週末をお過ごし下さいませ。
[PR]

by usayamama | 2010-10-02 10:40 | 日々の事