<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧   

お片付け   

先日、吉祥寺でお買い物していた時の事。
これから新生活を始めるであろう新大学生(新社会人?)とその母親
という組み合わせで買い物している二人組を多数目撃。
この季節だからね〜。何だか片付けたくなってきた!

部屋はそれ程汚くはないんだけど、「そのうち買おう」とか「そのうち処分しよう」
と思ってもついつい面倒で、そのままにしているものを一気に片付けたくなった。
小さい事なんですよ・・・。
例えば、ティッシュのカバーを買う、使わなくなったコンポを処分する
着なくなったスーツを処分する、絡まったコードをキレイに配線し直す、とかね。

以前読んだ「面倒くさいが多い人は、自尊心が低い!」って強烈な一文。
うん、確かに否定できない。
面倒くさいとばかり言ってもいられないわ。気を付けないと。

目標のお片づけは全て完了。
物を処分して新たにプラスして。
物は相変わらず多い我が家ですが、少しキチンとした気がします。
気が付けば明後日から新年度。準備完了です。
[PR]

by usayamama | 2010-03-30 23:02 | 日々の事

臨終の本   

いつか必ず読みたいと思っていた本を、ついに読む事ができました。

■山田風太郎『人間臨終図巻 Ⅰ/Ⅱ/Ⅲ』徳間文庫
三冊からなる約900人の死に様を克明に描いた本です。
風太郎チョイスの900人の中には芸術家、軍人、政治家、役者、作家
様々な人がありました。
病気で苦しんだ人、自殺した人、暗殺された人、一人で寂しく死んだ人
大勢の人に囲まれて死んだ人。

どのような死に方が望ましいのかは私には分かりません。
ただ、死ぬときは本当に一人で逝くんだな、と言う事を改めて考えました。
「死」は誰にでも必ず訪れ、経験者はこの世にはいない、という点で
すごく平等な事に思えてならないのです。
それでもやっぱり、人間は「どう死ぬか」よりも「どう生きたか」ですね。

特に印象的だった方々です。
[PR]

by usayamama | 2010-03-25 23:24 | 読書

桜風味   

d0071590_23414463.jpg
「桜」と名のつくものには滅法弱いusayamamaでございます。

これは円山菓寮さんの桜風味のかりんとう。
桜味というよりは桜風味ですね。ほんのり漂う優しい風味に春を感じました。

今日は東京でも桜の開花が観測されました。例年より早めという事ですが、3月ってこんなに寒かったかしら?

さて、開花してからはどのタイミングで満開を迎えるか、真剣に考えなければいけません。最高の状態の桜を見たいですからね。
私の満開予想は4/1。根拠はないですよ・・。
[PR]

by usayamama | 2010-03-22 23:54 | 食べる

ピンクかパープルか   

d0071590_22245561.jpg
私にしては珍しく、相当悩みました。
店頭で更に30分悩み続けて、結局ブルーをお持ち帰り。

私にとっては二代目のipodで〜す。
初めて買った時も衝撃だったけど、数年前とは比べ物にならない程、コストパフォーマンスも向上。最大で4,000曲入るって!
私、4,000曲も知りません・・・。

ポータブルプレーヤーは昔から片時も手放せません。使わない時もあるけど、会社に行く時は勿論旅行に行く時も図書館に行く時も常に持ち歩きます。携帯電話よりもこっちの方がないとヘコみます。やっぱり音楽はないと困るのよ。

誰かが歌っていました♪No music No life~♪ってね。
初代も色々な所に連れて歩いたけど、二代目は大容量な上、ビデオも撮れてラジオも使えますので更に楽しみ。よろしく、二代目!
[PR]

by usayamama | 2010-03-21 22:52 | お買い物

甥っ子   

ホワイトデーに甥っ子から連絡が入った。
「usaねえちゃんは(実家に)行かないの?」って。
どうやら、律儀にもバレンタインのお返しをするつもりだったらしいの。
ホワイトデーには男子が女子にプレゼントしないといけないんですって。

今日会ってきました。会うとすぐに、得意気にプレゼントを差し出す彼。
なかなかプレゼント上手なんです。小学生からこれじゃあ、将来がある意味楽しみ。

普段は周囲にちびっ子がいないので、ちびっ子の言葉は新鮮です。
甥「歴史好きなんだー」
私「どの時代が好きなの?」
甥「え〜っとね、縄文時代!」
私「・・・」

甥「塾の冬期講習に行ったんだ」(どうやらお試し入学したらしい)
私「どの時間が好きなの?」
甥「休み時間!」
私「・・・」

牧歌的なお彼岸となりました。
[PR]

by usayamama | 2010-03-20 23:23 | 日々の事

25周年   

d0071590_2253540.jpg
THE BLUE HEARTS が今年で25周年です。
今でも時々聴くけど、昔は本当によく聴いていました。大好きなバンドです。
ヒロトの澄んだ声と立派な言葉ではないけど、優しい言葉に沢山励まされました。うん、恩人と言っても過言ではないくらい。

今は「THE BLUE HEARTS 」として活動はしていないけど、ヒロトとマーシーは今でも一緒に歌い続けていて、素敵です。

どの曲が特に好きか、本気で考えてみました。

●人にやさしく
●世界のまん中
●街
●ながれもの
●ナビゲーター
●1000のバイオリン(←今何かのCMで流れている)
●パーティー
●TOO MUCH PAIN
●すてごま
●緑のハッパ

う〜ん、難しいね。好きじゃない曲がないですからね。
[PR]

by usayamama | 2010-03-20 23:02 | 音楽

気になる言葉   

本を読んでいると時々、はっとするような文章に出会います。
私は気になる文章があると、本に付箋貼っておいて、その部分だけ
読み返したりします。その中でも特に気に入ったものは手帳に書き込んだり
貼っておいたりします。

中でも一番気に入っているのは、以下の一文。

『人間三百六十五日、何の心配も無い日が、一日、いや半日あったら、
 それは仕合せな人間です。』

良い言葉です。
嫌な事があったり、考えても答えが出ないような事がぐるぐる頭の中で
回っている時にこれ見ると元気出ます。「そうだよね、そんなもんだよね」と妙に納得。
生きていれば嫌な事、苦しい事の方が多いに決まっていますもの。

因にこの珠玉の一文は太宰治「ヴィヨンの妻」より。
[PR]

by usayamama | 2010-03-16 23:31 | 日々の事

民法の壁   

今日も民法との格闘に破れた感のあるusayamamaでございます。

民法ね、おかしいなあ・・・。普段の生活に馴染みのある法律なはずなのにね。
賃借型契約でいつも足踏みしてしまいます。
まあ、じっくりやって行くしかないかな。
日本語なんだからいつか理解出来るはず!

法律を勉強していて、ふっと思う事。
普段はなかなか気にしないけど、私たちの生活は全て法の下成立しているって事。
当たり前の事なんだけど、法って本当に困った時や必要に迫られないと
なかなか意識しませんよね。

ちょっと今日はもう限界。頭の整理してまた明日、頑張ります。
[PR]

by usayamama | 2010-03-14 23:53 | お勉強

龍馬伝   

d0071590_21243394.jpg

皆様は大河ドラマ『龍馬伝』ご覧になっていますか?私は見たり、見なかったり。でも大丈夫
どこからでも入っていける自信があります。

昨年は3回も京都に行ってしまいました。
1回目は寒い1月に。
2回目はマイケルの訃報の頃だから6月だったかな?
3回目は12月のクリスマス過ぎに。

①は過去の記事に掲載済みです。
②の時は完全幕末ツアー。河原町界隈の幕末関連の史跡を見てまわったり、坂本龍馬&中岡慎太郎像を見に行ったり、霊山歴史館に行ったりしました。実際に自分の足で歩くと距離感が掴めていいんですよ。
③は、友人とこれまた龍馬ツアー。伏見の寺田屋にも行ってきました。見たいもの、買いたいもの、食べたいもの、全てを満たした大充実の旅でした。楽しかったね。

今年は京都混みそうですね。大河の盛り上がり度と比例しそうです。私は龍馬さんのお江戸時代も好きだけど、もっと後の方が楽しみです。今後どのように描かれるのか、色々妄想しています。

今年も気が向いた時にフラ〜っと行ってしまいそうな予感がします。
[PR]

by usayamama | 2010-03-13 21:46 | 旅行

20世紀最強   

d0071590_21434789.jpg
このおじいちゃん誰か分かりますか?

私が大好きなパブロ・ピカソです。

ピカソの絵は、どの作品も心地よいの。すごく満たされた気分になるんです。最近ピカソの作品が無性に見たいのだけど、近日中に東京でピカソ展やるよ、って話も聞かないし。ピカソの画集で我慢している今日この頃。

ピカソが残したハイテンションでハイクオリティな作品たち、やっぱり20世紀最強の芸術家だと思います。東京で見られないなら、箱根だね。行くか彫刻の森美術館のピカソ館
もう少し暖かくなったら行きたいな。


私のピカソ最終のゴール地点(?)はゲルニカ。いつか必ず見に行くよ!
[PR]

by usayamama | 2010-03-12 22:47 | 美術館・博物館