<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

満願堂の芋きん   

d0071590_223440.jpg
おとりさまに行った後は実家に帰る予定になっていたので、この日のおみやはこれに決めてました。おみやと言うよりも私が食べたかったんだよね。

おとりさまの影響もあってか、いつも以上に混んでいました。かなり並んでいたのだけど、どうしても食べたかったので、作る所を見ながら並んでました。こーゆー作業は見ていて飽きないんだよね。お兄さんが衣を付けて手際良く焼いて行きます。隙間も均一にキレイに並べるんだ。おお、すごいぞすごいぞ、と感心している間に焼き上がり。
我慢出来ず持ち帰り用の他に、すぐ食べる分も購入。あつあつを食べながら浅草駅へ向かい、今年のおとりさまは終了。来年のおとりさまは夜中に行く予定。気が早い?
[PR]

by usayamama | 2007-11-26 22:13 | 食べる

おとりさま   

d0071590_21544242.jpg
昨年に続き今年も行って参りました。
おとりさま@浅草。
友人と珍しく昼に待ち合わせをして行って来たのだけど、天気も良くて、すごい人!歩道から長蛇の列で、ゆっくり進みます。昨年買った熊手は小さいサイズなので、バックにいれていたけど、大きいの買った人は肩に担いでいます。まだまだ若輩者の我々は手のひらサイズが妥当かと・・・。

昨年の熊手をお返しして、早足でひと回りしたかったのだけど、進めません。ふっと横を見ると大変見慣れたお名前があるじゃないですか!中村勘三郎、中村芝翫、中村福助。おお〜中村屋、成駒屋御用達だわ。今年は熊手は買わなかったけど、このお名前を見る事が出来ただけでご利益、ご利益。
[PR]

by usayamama | 2007-11-26 22:02 | お散歩

谷中福丸饅頭   

d0071590_21212862.jpg
う〜ん、良いものを手に入れた。
実家に置いてあって一目惚れ。自宅に帰る途中で入手してきました。
この極小サイズが何とも可愛らしいです。
しかもお値段10円。谷中福丸饅頭の10円まんじゅうです。20個入りで200円。

お菓子は小振りなサイズのモノが好きで、これは大変気に入ったわ。口に入れると黒糖の風味が広がります。ちょこちょこ楽しんでいます。

私が購入したのは池袋ですが、谷中本店の他にも駒込店、北千住店、南千住店、砂町銀座店などがあるようです。
これはクセになりそうだわ・・・。
[PR]

by usayamama | 2007-11-18 21:31 | 食べる

オールAの女   

健康診断の結果が出ましたよ。だいぶ前の話ですが・・・。
有難い事に今までに大病もなく、健やかに過ごして来ました。
今後も気を緩めずに丁寧に日々の生活が送れたらいいな、と改めて感じました。
結果は見事オールA。健康体でございます。
健康診断で何が気になるか・・・。体重は毎日測っているので置いといて
やっぱり血液検査と肝機能だわね。usayamamaの体内を少しご紹介。

・身長→156.3(小さいわね)
・白血球数→8100
・血小板数→17.6
・血圧→108/68(普段はもっと低いから良い結果♪)

肝機能も異常なし。その他にも色々載っていますが、良く分からん・・・。
都内で特に歌舞伎座界隈で身長156.3で白血球を8100コ持っていて
お酒が好きそうな女を見かけたら、それは私です。
[PR]

by usayamama | 2007-11-17 11:19 | 日々の事

吉例顔見世大歌舞伎 昼の部   

d0071590_2343422.jpg
もう顔見世の季節だなんて、一年早いものですね。特に今年は速攻でした。日常の生活の中で季節を感じるような事があまり出来ていないのですが、唯一歌舞伎を観に行く時には季節の移ろいを実感する事ができます。

「顔見世」はね、江戸時代からある興行の名称。当時は無事に契約を終えた役者さん達が出演して、「この一年はこの顔ぶれで行きますよ〜」っていうお披露目の興行なんだって。今はその名称だけが残っているんだね。
当時の人々は今以上に歌舞伎で季節の移ろいを感じたり、当時の流行を察知したりしていたんでしょうね。

顔見世本来の意味は失っても、毎年豪華な顔ぶれで湧かせてくれます。

昼の部の演目はコチラ
[PR]

by usayamama | 2007-11-12 22:36 | 歌舞伎

ゲキ×シネ   

d0071590_204151.jpg
若い女の子とデートです(笑)。
劇団☆新感線の舞台『朧の森に棲む鬼』をスクリーンで観てきました@新宿バルト9。

「usayamamaさんて歌舞伎観るんですよね?この舞台には染めちゃん出てますよ」って。うん?染ちゃん?市川染五郎さんね。かなり気になっていた劇団だったので、気分転換も兼ねて行って来ました。

染ちゃんの影響でしょうか。歌舞伎のテイストが所々に散りばめられていました。染ちゃんは花道で六法までしていたわ。かなり壮大な話なんだけど、よくぞ舞台で納まったな〜と感心しました。音楽も気に入りました。

しかし、慣れとは恐ろしいもので、最近舞台と言えば歌舞伎しか観ていない私の第一声は「女が出てる!」。はは、そりゃそうだね。
[PR]

by usayamama | 2007-11-10 20:56 | 映画

お稽古後のお楽しみ   

d0071590_17193755.jpg
最近お稽古の事に触れてないけど、相変わらず通っております。進歩はあまりしてないように思いますが、通い始めて2年目突入。場所が浅草なので、お稽古帰りに浅草を散歩するのが密かな楽しみ。こっちがメインだったりして。

最近仲良しになった同年代の方と、お稽古帰りに浅草で飲む事に。浅草のウィンズ近くに赤ちょうちん系のお店がずら〜っと並んでいる、かなりディープな通りがあるんだけど、以前から気になっていたので今回はそこへ行ってみたよ。地元の方も多そうだけど、外国人観光客の姿もかなり見ました。

お稽古の時はあまりお話できないので、たまにはゆっくり喋りましょう、と言う事で存分に喋ってきました。約5時間くらい?お店のおじさんが「よくそんなに喋る事あるね」って笑ってましたっけ。初めて飲んだとは思えない程、すっかり意気投合で楽しい時間を過ごしました。
やっぱり〆には浅草寺。ライトアップされた姿はいつ見ても美しい!
画像が斜めなのはアルコールのせいでしょう・・・。
[PR]

by usayamama | 2007-11-04 17:40 | お稽古事

お江戸満載   

たいそう良い本を入手しました。最近のお気に入りです。
これを読みながら普段行く街、これからじっくり歩いてみたい所などを吟味してます。

『もち歩き江戸東京散歩』人文社
言ってしまえば、東京の地図の本です。ガイドブックのようなもの。
現在の東京の地図と対になるように、江戸切絵図(江戸時代の地図)が載っています。
違う時代に作られた2枚の地図を同時に見る事ができるので
現在のこの場所はどこぞの大名屋敷だったのか、なんて妄想できます。
うう、面白い!一番興味深いのは当時の大きな道が今とあんまり変わらないの。
江戸切絵図は当時、参勤交代で出府してきたお侍が江戸のお土産として日本全国に
持ち帰ったんだって。

一応名所の紹介もあるんだけど、六本木ヒルズも新丸ビルも紹介されてません。
紹介されているのは、誰の屋敷跡だとか、神社仏閣、老舗のお菓子屋さん。
そして、あくまでも「江戸」の地図なので渋谷も自由が丘も載ってません。
すごい偏った本だな。こんな素敵な本を作っちゃう心意気に拍手です。
[PR]

by usayamama | 2007-11-01 22:01 | 読書