<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

奇跡の飴   

d0071590_1793914.jpg
スペインはバルセロナ発の金太郎飴を買いに行って来たよ。
papabubble(パパブブレ)でございます。

金太郎はありませんが、びっくりする位の細かい絵柄の飴たちは見ているだけでも、ほのぼのしてきて、幸せな気分になります。お菓子には人を和ませるチカラがありますね。

小さなお店ですが、売っているのは勿論飴のみ。店内では実際に飴を作っている所を見る事ができます。運が良ければ試食もあります。
あのドロドロした物体がこんなに可愛いらしいおやつに変身するんだから不思議。
どの飴も風味、色は結構しっかり強いです。
そこが外国っぽい!

More
[PR]

by usayamama | 2007-09-30 17:28 | 食べる

秀山祭九月大歌舞伎   

d0071590_20123754.jpg
9月は昨年同様秀山祭でございます。”秀山”は初代吉右衛門の俳名だそうですう。
今月は残念ながら全部(昼・夜通し)で観る事ができず、幕見で昼、夜それぞれ一演目づつ観て来ました。あ〜他のも観たかったわ。ちょっとしょんぼり。それでもお目当てのものはちゃんと観て来たので、元気出しましょう!

①村松風二人汐汲
   (むらのまつかぜににんしおくみ)
②壇浦兜軍記「阿古屋」

今月はこの二つだけ!①は踊りです。踊りの分からない私がどうして・・・。玉三郎さんと福助さんが姉妹に扮して今は亡き在原行平の事を想って踊るの。う〜ん素敵そうだ。いや実際素敵すぎるんだけどね、夢心地でうっとり。
②はお話としてはすごく面白いとは思わないんだけど、阿古屋演じる玉三郎さんが舞台の上で実際に琴、三味線、胡弓を演奏します。それから衣装もすごいの!本当は近くで観たかったのだけど、うう、悔しいわ。次回かかったら一等でみるんだ〜。

10月も面白そうで、今からワクワクしています。10月は通しで観るぞ〜リベンジだ!
[PR]

by usayamama | 2007-09-27 20:13 | 歌舞伎

iTunes Store   

最近音楽をちょこちょこ買っちゃいます。
ネットで本を買う、ネットで美味しいものをお取り寄せする、うんうん想像出来るね。
しか〜し、音楽買うって!CDとかでもなく曲を買うって???
数年前には考えられなかったな。

CD買っても入っている曲全部が気に入るって事はなかなかないんで
私みたいな飽きっぽい人間には1曲づつ買えるのは非常に有難いです。

今日は山崎まさよしさんの「僕と不良と校庭で」を買ったよ。
この歌はかなり以前に聴いてたけど、今日急に思い出しました、何でだろう・・・。
秋の空のせいかも知れないわ。学校とか校庭とかって秋のイメージなんですよね。

僕と不良と校庭で
[PR]

by usayamama | 2007-09-25 23:48 | 日々の事

マッサージ   

d0071590_195542100.jpg
足揉みって気持ちいいですよね〜。すごいの見つけました。「通販生活」を愛読している姉が見つけてきたんだけどね。ちょうど母の誕生日近くだったので、今年はこれに決めました。

母に使ってもらいたい、と言うよりも自分達が使いたい!という下心が露骨に出ているプレゼントとなりました。これすごく気持ちいいのよ。強さも調節出来るし、もみ方も指圧や、つかみもみ、足裏とか6種類くらいあったかな?結構強くて、痛いくらいなんだけど、終わった後は足が軽くなります。

モデルは寝起きでパジャマ姿の姉。ちゃっかりポーズまでしてますね。彼女と実家に帰る度に
取り合ってます!
[PR]

by usayamama | 2007-09-18 20:07 | 日々の事

京風   

d0071590_2328428.jpg
2年振りくらいに会った友人と、楽しいひとときを過ごしてきました@吉祥寺。
この友人は酒好きの多い私の周囲でも5本の指には入るわね。
友人は焼酎を、私はワインで美味しい京風なお総菜が揃うお店で舌鼓。

和食ってやっぱりいいな。お酒の肴にはやっぱり和食です。
若い頃は甘いお酒に揚げ物中心のおつまみだったけど体の事を考えると、お酒には和食が優しく感じられます。(だったら飲むなって?)

どのお料理も美味しくて、お酒も随分進みました。加茂茄子の田楽も美味しかった!写真はおばんざいの盛り合わせ。

話は自然と京都のお話に・・・。今年は行けるチャンスがなくて、それがストレスにもなっているから、一度位行ければいいんだどね。紅葉のシーズンを避けるとなると
やっぱり昨年同様クリスマスの頃になるかしらね〜。

吉祥寺 はな菜
[PR]

by usayamama | 2007-09-14 23:39 | 食べる

白石一文『一瞬の光』   

最近の読書は手当たり次第。本屋さんで目が合ったものを読んでいます。
これは装幀の写真がキレイだったので、読んでみました(不純?)。

白石一文『一瞬の光』角川文庫
38才の東大卒でカッコいい、超エリート・リーマンとふっとした事で
知り合った短大生の不思議な関係。
エリートであるが故に会社内の派閥争いに巻き込まれて行く苦悩。
短大生は生い立ちがとても特殊です。生きるのに必死でした。
そして、そしてびっくりするようなラスト!

白石一文さんは初めて読みました。
あんまり内容を確認しないまま読んだので、ちょっと意外だったわ。
えっ〜とね、もっと会社の話だと思い込んでいたの。
これがデビュー作という事なので、もう少し他の作品も読んでみようと思いました。
[PR]

by usayamama | 2007-09-13 23:33 | 読書

小振り好き   

d0071590_22385819.jpg
以前戴いてと〜っても気に入ったこのお菓子。
HENRI CHARPENTIER の焼き菓子の詰め合わせです♪
約15センチ四方の箱に9種類、50個の可愛い子達が詰まっています。

ちょっとづつ、色々な種類をちびちびと味わうにはこーゆーの最高に嬉しいですね。大きな
お菓子よりも小さいサイズのお菓子が好きな私にはぴったり!
一番のお気に入りは”フロマージュ”というチーズがふんだんに練り込んであるサブレ。これは止まらなくて、一番になくなりました。

写真のエッフェル塔はクッキーが取り出しにくい時に使うんだって。へえ〜、そう言えば赤福にも木のヘラ入ってるね。
ちびちびとつまみつつ、usayamamaの夜は更けていきます。
[PR]

by usayamama | 2007-09-10 22:51 | 食べる

北原亞以子『東京駅物語』   

自分の知っている地名や、馴染みのある場所が本の中に出てくると
その話がとても身近に感じたり、より一層リアルなものになってきます。

北原亞以子『東京駅物語』新潮文庫
9コの短編が、微妙な形で絡み合います。「グランドホテル形式」というのですね。
初めは明治維新直後のお話。読み進めていく内に時代はどんどん進んで
東京駅の建設に関わったある男性が戦争から帰ってきたり・・・。
一番気に入ったのは第二話の「待合室」。
自由恋愛を求めて東京に来た女性が、人気のない待合室で田舎に帰る決心が
つかずに、悩んでいるシーンが印象的でした。

「駅」って所は色々なドラマがるな、と常々思うのですが
この本では常に東京駅が話の出発点であり終着でもあるのです。
この話が様々な時代を描いているのと同時に、東京駅は沢山のドラマを
見守り続けたのかと思うと、あの赤煉瓦がとっても愛おしくなりました。
[PR]

by usayamama | 2007-09-08 23:18 | 読書

台風接近中   

今日は台風の接近に伴い、朝から強い雨が降ったり止んだりでした。
雨脚が強くなる時間が帰宅時間と重なることもあって会社でも
皆定時であがって真っすぐ帰って行ったよ。
私も寄りたい所があったのだけど、珍しく真っすぐ帰宅。

久々に早く帰ったので、ご飯作ろうと思って今ラタトゥイユを煮込んでいます。
なが〜い夜や、眠れない時には読書と同じくらい、煮込み料理を作るのが好きです。
夜中に大根煮たり、カレー作ったりするの楽しいんですよ。
今日はちょっと早めの時間だけど、ぐつぐつ楽しんでいます。

外は段々風雨が強くなってきたなあ。でもこれからなんだよね。
予報では明日の通勤時間帯に直撃するらしい・・・。困ったな・・・。
[PR]

by usayamama | 2007-09-06 20:42 | 日々の事

21時以降飲食禁止   

ああ、またしてもこの季節になったわ。年に1度の健康診断です。
明日なんだよね〜。
血液検査がある為、前日の21時以降は飲食は控えなさい、との事。
飲み物はカロリーのないものなら摂ってもいいんだけど、「食べちゃいけません!」
と言われると無性に食べたくなってくるのよ〜。

歳を重ねていく度に若い頃には気にもしなかった事が気になってくる。
体重は毎日測っているし、身長ももう伸びる見込みはないから全く気にならないけど
近年のusayamamaが気になるのは血糖値、中性脂肪、総コレステロール、肝機能。
見た目よりも中身です!

早く寝ればいいのに、健康診断に朝出社前に寄ってから会社に行くので
普段より家出る時間が遅い事もあって、目が覚めちゃってます。
冷蔵庫の中の巨峰やらスイカやらクッキーなんか、気になります。。。
[PR]

by usayamama | 2007-09-04 23:45 | 日々の事