<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

歌舞伎鑑賞教室   

うっかりUPしていませんでした。7月上旬に行ってきました。
歌舞伎鑑賞教室@国立劇場。
タイトルの通り歌舞伎を楽しく鑑賞するコツを教えてくれます。

人形浄瑠璃がルーツとなっている歌舞伎の演目(義太夫狂言)では
舞台上手に三味線と太夫の二人組(竹本)が鎮座しています。
台詞は役者さんたちが言うけど、状況とか登場人物の心理描写なんかを
この二人組が演奏してくれるの。音付きの副音声。
何だかすごくいいんだ、これが。芝居をより一層盛り上げてくれるカッコイイ存在。
初めて聞くと何がなんだかさっぱりだけど、今回の鑑賞教室ではこの義太夫の字幕が
表示されていました。これは大変親切。

演目はこちら
[PR]

by usayamama | 2007-07-30 22:47 | 歌舞伎

七月大歌舞伎 千穐楽   

d0071590_22483697.jpg
思い掛けず行く事になりました。
狂った姉にどうしても今日中に渡さなければいけないものがあって、千穐楽だし銀座なら彼女も行きやすいという事で。

幕見です。並ぶのは心優しい妹usayamamaの役割。寝不足が続いているので起きられるか心配だったけど、心配は無用でした。遊びの為なら起きちゃうんだよね。
前回観た時よりも更に弾けていました。特に亀治郎さんと翫雀さん。途中から外の雷の音がすごくてね。翫雀さんも「雷鳴ってるし〜」て言ってました。

昼の部に行ったんだけど、夜の部も観たくなってしまったのだけど観てないよ。体力の限界を越えたので、大人しく選挙に行ってから帰宅。
[PR]

by usayamama | 2007-07-29 23:06 | 歌舞伎

朝からマンゴー   

d0071590_7144367.jpg
マンゴー商品が溢れている今日この頃。敬愛するブロ友「雨漏り書斎」の雨漏りさまはのマンゴーハンティングに大いに触発され、最近マンゴーものに目が行ってしまいます。このマンゴーのジュースは毎朝会社へ行く時にコンビニで見てかなり気になっていたのと、先日雨漏りさまがUPされていたので、飲んでみました。

濃厚です!これは昨年ANAで国内線限定で出していたもので、熱烈なリクエストにより期間限定で発売となったものだそうです。うんうん、これが飛行機で出て来たら嬉しいな〜♪
朝から美味しいの飲んですっかり目覚めました!今日も一日頑張れそう(単純・・・)それでは行って参ります。
[PR]

by usayamama | 2007-07-27 07:15 | 日々の事

串田和美『串田戯場』   

d0071590_22454878.jpg
これは先月大熱狂したコクーン歌舞伎の千穐楽の時にロビーで買いました。しかもサイン本。買おうか迷ってたんだけど、コクーン歌舞伎があまりにも楽しかったので、記念に買っちまった。串田和美さんが私の名前とサインをスラスラと書いて下さり、握手まで。「サインは別に・・・」なんて思っていたけど、いざ握手してもらうと少し嬉しかったり。

串田和美『串田戯場』ブロンズ新社
コクーン歌舞伎、平成中村座の演出を手掛ける串田和美さん。今までに演出した「夏祭浪花鑑」「盟三五大切」「三人吉三」「平成中村座」「東海道四谷怪談」についての色々なお話。どうしてその演目になったのか、また歌舞伎を演出するにあたっての苦労、勘三郎さんの事・・・などなどが綴ってあります。

歌舞伎の世界は不思議だらけなんだけど、この本読んで「あ、そうゆう考えもありか」とか「うんうん、分かる分かる」なんて共感できる部分が沢山あって、嬉しかったです。
先日のニューヨーク公演も大成功だった串田和美・勘三郎コンビ。このお二人、これからも面白い事どんどん仕掛けてくれそうで、益々目が離せません!

※明日7/27(金)は5月に行われた「俳優祭」の模様が放送されるよ。
放送時間が変わっているのでもう一度。
NHK教育「劇場への招待」22時25分〜24時40分


めちゃくちゃ面白かったので興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。
[PR]

by usayamama | 2007-07-26 23:07 | 歌舞伎

更新!   

車の免許の更新に行きました。
今回の更新で私も晴れてゴールドの仲間入り。あ〜嬉しい。
でも、最近運転は殆どしてない。実家に行った時くらいかな。

今年からICチップが埋め込まれているんだってね。私にじゃないよ、免許にね。
暗唱番号も必要で、数字4桁の番号を2組登録。
これのお陰で新しい免許は本籍の欄が空欄になっています。
法律の改正で中型車の免許もできたんだって。ちっとも知らなかったわ。
色々と変わっているんだね。

そうそう、免許の写真てどうしてあんな酷い顔になるんだろう。
ちょっと愛想良く写ろうと思って、少し微笑んでみたら取り直しされました。
そしてやっぱり出来上がった写真は・・・何かに驚いているような変な顔。
[PR]

by usayamama | 2007-07-23 22:32 | 日々の事

散歩の途中で   

d0071590_23193776.jpg
今日は御茶ノ水で用事を済ませてから、友人と合流。わ〜い!久々の外での飲みだ。すごくお腹が空いてたから鳥料理のお店で飲みは少々、食事はもりもり。珍しいパターンだわ。すごい勢いで食べ過ぎて、お腹が苦しい。

お腹が苦しすぎたので、お散歩がてら御茶ノ水から神田まで歩く事に。お散歩するには丁度良い距離。喋りながらぷらぷら歩いてたら、激安スポーツ用品店の前でふっと足が止まった。よく見てみるとウェアが¥500だって!お店の人に「レディースはあちらにあります」なんて言われて、ウェアの山を漁ってみたら、コレが出て来たの。うわ、すごく可愛い。しかもワンコイン、しかも更に10%引きだって。お財布に¥2,000しか入ってなかった私にも買える〜。即購入したよ。

その後はまた喋りながらふらふらと神田を目指す。どこでどう道を間違えたか、何だかすごく遠回りしたけど、無事神田到着。夜のお散歩、良い事あるね。
[PR]

by usayamama | 2007-07-21 23:32 | お散歩

青の炎   

何だか並べてみると暗いのばかり読んでいますね。そんな時期なんでしょう。
今夜も張り切って(?)重いテーマの一冊を。

貴志祐介『青の炎』角川文庫
主人公は母・妹との三人暮らしで、湘南の高校に通う成績優秀な17才の男子。
三人の平和な生活は、母の元再婚相手によって崩される。警察も弁護士も助けてくれない。家族を守る為に少年はある行動を起こす・・・。

言ってしまえば少年犯罪のお話。優秀なこの少年は完全犯罪を計画するんです。
自分の手で家族を守るというあまりにも痛々しい動機。どうにかならなかったのか。
どうにもならない、と分かってしまってからの人間の集中力って怖いな。
時々出て来る湘南の平和なカンジの描写が少年の孤独さをより引き立てて、寂しいです。
そして少年犯罪という言葉から、どうしても連想してしまう神戸の事件。
やり切れなさが込み上げて、ため息まじりに読んでいました。
[PR]

by usayamama | 2007-07-18 22:41 | 読書

ヒトラーの防具   

私がこのテの本を読む訳は・・・。
ナチスが犯した人類最大の過ちのひとつ(と私は思っている)について色々な角度、
様々な立場の目線から知っておきたいからです。

帚木蓬生『ヒトラーの防具上/下』新潮文庫
ベルリンの壁が崩壊したドイツで剣道の防具が発見された。防具と共に見つかった日記は1938年に駐在武官補佐官としてベルリンに赴任した、日独混血の青年のものだった。彼が見たドイツと総統とは・・・。

これはフィクションだけど、ヒトラーの防具というのは実際に存在するらしいです。
この青年はドイツ人夫婦のアパートに寄宿するんだけど、そこでユダヤ人の女性を匿う事になります。微妙な立場に置かれた彼の日記は帝国軍人のものではなく、あくまでも市民の目線。戦時下のベルリンの混乱が描かれています。戦争をして得になる事って本当にないですね。ラストも衝撃的。興味のある方は読んでみて下さい。
[PR]

by usayamama | 2007-07-17 22:21 | 読書

永遠の仔   

気が付いたら読了の本が山積みに・・・。そう言えば最近読書関連のUPが滞っていた。
少しづつ、記憶が消えないうちにUPしていこうと思います。

天童荒太『永遠の仔 上/下』幻冬舍
幼い頃に児童精神科病棟で共に過ごした3人が17年振りに再会する。児童精神科病棟に入る位過酷な人生を歩んできた3人。再会までの間にも様々な困難を乗り越えてきたのだけど、再会する事によって3人の運命がより過酷になり、最悪の事態を招く事になるのです。

これは出たばかりの頃(2000年)にも読んだのだけど、古本屋さんで単行本が激安で売っていたので、見兼ねて買ってしまいました。
相変わらずの救いのない話。3人の苦悩はusayamamaには手に取る様に良く分かる。
誰にも言えない事、打ち明けられない事、打ち明けた所でどうにもならないという諦め。
人生の中で多かれ少なかれ誰でも諦めたり妥協したりして生きているんだけど
家庭に問題を抱えている人、特に子供はどうする事もできないんです。
そーゆー痛々しさを文章で現してくれた天童荒太さんには感謝したいくらいです。
この本から得た教訓は「秘密はやっぱり秘密のままにしておいた方が良い!」という事。
[PR]

by usayamama | 2007-07-16 21:47 | 読書

リンゴのお店   

d0071590_2234393.jpg
う〜ん、相変わらずクールな店構え。散々お世話になっています。Apple Store,Ginza。
先日ipodのイヤホンが聞きづらくなって。私はてっきり耳がおかしくなったのかと思って、念入りに真剣に耳のお掃除したけど、イヤホンが壊れていました。

ここ5階まであるんだけど、そんなに製品はなかろうに・・・。半分以上はワークショップやその他のサービスの為に存在するような空間。

メーカーの良心て買ったあとの方がよく分かる。実際使う時になって、何か困った事があった時、問い合わせの応対の仕方でその企業のイメージって決まりますよね。すんばらしく親切な応対をしてくれた所だと良いイメージしか残りません。邪険な態度だと、二度とここの製品は買わないぞ!なんて本気で思ったり。
散々お世話になりながら、大きな買い物をする時にはポイント欲しさに、某家電量販店へ行ってしまう薄情者のusayamamaでした。
[PR]

by usayamama | 2007-07-12 22:47 | 日々の事