<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

團菊際五月大歌舞伎 夜の部   

d0071590_2215150.jpg
5月が終わってしまう〜。今月は自由に使える時間の殆どを歌舞伎とお稽古に費やしていました。UPしようと思いつつ、なかなかできなかった今月の歌舞伎座。とっくに終わってしまったけど、一応記録と言う事で・・・。

1、「女暫」
(十七世市村羽左衛門七回忌追善狂言)
2、上 雨の五郎
  下 三ツ面子守
3、神明恵和合取組「め組の喧嘩」

團菊際大好きです。華があって、賑やかで、威勢が良くて。昨年もあまりの楽しさに通しで観た後にちょこちょこ幕見して、楽しんでました。昼の部に行けなかったのが残念だけど、夜の部だけでも満足。

一番楽しめたのは「め組の喧嘩」。お角力軍団VS鳶軍団の喧嘩のお話。
そもそも喧嘩のきっかけは力士側が座敷の襖を倒したっていうだけの事なんだけど。
だんだんエスカレートして、鳶の頭(菊五郎さん)なんて奥さんに離縁状まで突きつけて、命がけ・・・。でもね、こーゆー端から見たら小さい事に本気になれる大人、私は好きです。台詞も歯切れが良くて、スカッとします。
やっぱり江戸っ子気質は私には合うみたいです。
[PR]

by usayamama | 2007-05-31 22:29 | 歌舞伎

第34回俳優際   

d0071590_2219945.jpg
ファン感謝祭みたいなもんです。
何年かに一度開催されます。前回は3年前なので、私が歌舞伎を観始めてからは初です。これは噂に聞いていたけど、チケットの入手が超困難!どうしても行きたかったので、あの手この手で何とか入手して行ってきました。

何がそんなに観たかったかと言いますと、写真にもある『白雪姫』です。今回で4回目の上演。『白雪姫』と言ってもそこは歌舞伎なので、純和風の白雪姫。これがとにかく面白いの。俳優際だけでの上演は勿体ないと思うけど、この豪華キャストではなかなか上演の機会はなさそうです。姉と2人で涙流して笑ってました。

模擬店もありました。役者さん達が売り子になって、歌舞伎座のロビーや地下の食堂などで、色々売ってました。お目当ての役者さんを間近で見られる絶好のチャンスです。
本興行では見られないような役者さんの表情なんかが楽しかった。
多分NHKで放送されると思うので、興味のある方はチェックしてみて下さいな。

日本俳優協会

*俳優際の放送日時が決定しました

平成19年7月27日(金) 22:00〜24:15 NHK教育テレビ
内容(予定)
◆『郷土巡旅情面影(くにめぐりたびのおもかげ)』
  上、加賀「勧進帳」(小松市の小・中・高校生による長唄囃子演奏)
  中、肥後「山鹿灯籠踊」
  下、阿波「阿波踊」
◆『白雪姫』

[PR]

by usayamama | 2007-05-29 22:35 | 歌舞伎

ピクニック   

d0071590_22212319.jpg
少し暑かったけど、ピクニックしてきました。
強力な雨女の私が参加するわりには良い天気!

駅周辺でお惣菜、おにぎり、海老カツサンド、デザートを買い込んで向かったのは、上野公園。天気も良かったので、結構混んでました。木陰にシート広げておしゃべりしながら、だらだらと楽しく過ごしました。

木陰は涼しくて、気持ち良かった。皆で飲んだラムネに夏を感じました。気温が今日は30度近くだったのかな?もう夏ですね。
今日のメンバーでお酒を飲まないっていうのはとても珍しい事。でもたまにはこーゆーのもいいもんだね。
また涼しい時期にピクニックしましょ〜。
[PR]

by usayamama | 2007-05-27 22:32 | 日々の事

仕事帰りの幕見   

仕事をさっさと切り上げて行ってきました。
同伴は昨年の同じ時期に、やはり仕事帰りに一緒に幕見した友人。
お目当ては「め組の喧嘩」。後日UPしますが、これは江戸の風情がプンプン漂う
粋な喧嘩のお話です。

幕見販売まで少し時間があり、そんなに混んでもなかったので軽くご飯食べる事に。
調子に乗ってビールをグラスで一杯頼んだんだけど、運ばれて来たのはジョッキ・・・。
「グラスで頼んだんですけど〜」
「間違えました。グラスの料金で結構なので、これを・・・」
結局飲み干す私達。ちょっといい気分になってまた歌舞伎座へ戻って観劇しました。

ほろ酔で幕見。江戸時代の観劇のスタイルに近いのでは?
な〜んて、また適当な事言ってスイマセン。
演目の効果もありますが、ゆる〜く楽しみました。
帰りに大して期待もせずに楽屋口の前通ったら、海老蔵さんに遭遇。
いやはや男前でござんした。

仕事帰りに文化的なお遊びすると、非常に満たされた、豊かな気分になります。
盛りだくさんの平日仕事帰りでした。
[PR]

by usayamama | 2007-05-22 23:32 | 歌舞伎

きみに読む物語   

たまにはこーゆー映画も観ます。だって女の子だもん!

『きみに読む物語』(’04 アメリカ)
ある療養施設で暮らすひとりの女性と、彼女に物語を聞かせる男性。
彼が語るのは、アメリカ南部の小さな町での熱い恋物語だった。
舞台は1940年。家族と一夏をす過ごす為にこの地を訪れた都会育ちの女の子と
地元の青年が恋に落ちて・・・。その後あんな事やこんな事が起こるお話。

要するに身分違いの恋のお話。身分違いだから、周囲(特に女の子サイド)は猛反対で
よって障害が生まれると人間は燃えるのですね。ちょっと古い時代が舞台なので女の子の服がすご〜く可愛かったです。アメリカ映画観ると妙に家の間取りとかが気になります。

しか〜し、ラスト10分って所で急ぎの電話。無視も出来ずに泣く泣く取った為
最後がわかりません!知っている方いましたらネタバレ希望します。
鍵コメでも結構ですので、教えて頂けると大変助かります。
[PR]

by usayamama | 2007-05-20 21:56 | 映画

記入漏れ   

あ〜やってしまった・・・。社会人になってからは二度目の失態!

すっぴんで外に出られない女にはなりたくない、と思ってオフの日はお化粧しない
時もあるんだけど、会社に行く時にはさすがに最低限はしていかないとね。
で今日は何故か眉毛だけ描き忘れ。他はちゃんと施したんだけど
どーしたものか眉毛だけ・・・。

教えてくれたのは会社の友人。小さい声で「眉毛描いてないよ」って。
しかも化粧ポーチも忘れて行ったので、友人に借りて就業前にサッと記入。
その友人以外にも「何かいつもと違うと思った」と後から言われて、恥ずかしさ倍増。

それにしても皆さんよく見てるな〜。
あ、でも普段あるものがないと気付きやすいのかな?
明日はきちんと記入します。女性の皆様くれぐれもお気を付け下さいませ(私だけ?)。
[PR]

by usayamama | 2007-05-16 23:41 | 日々の事

ご当地ピンズ   

d0071590_22253774.jpg
片付けしてたら出てきました。
最近はご無沙汰だけど、見かけたら買ってしまう「ご当地ピンズ」。地域限定のピンバッジ。観光地にはほぼあります。ガチャガチャみたいなアレです。

見かけるとふら〜っとついつい・・・。時々「これ買ってどーすんだ?」って声も聞こえてくるんだけど、買っちゃうんだよね。都内は勿論、京都でも、横浜でもよく買ってたなあ。種類がどんどん増え続けているようなので、本気で集め始めたらかなりハマりそう・・・。
これ買いに遠征とかしそうな私、想像できる!

一番のお気に入りは「江戸開府400年」。
2003年の事でした。
[PR]

by usayamama | 2007-05-15 22:38 | 日々の事

上達中???   

お稽古のお話です。
毎回お稽古に行った時に清書を提出すると、先生が添削して下さったものを
後日郵送してくれます。
添削されて真っ赤になった清書にはいつも手紙が添えられています。

沢山の生徒を持つ先生が毎回、毎回・・・本当に有難い事です。
先日送られて来た清書は今までにないくらいお褒めの言葉を頂きました。
どうやら今が上達中らしいのです。
でも手紙の最後には「練習、練習また練習」って。
上達には近道ってないな〜。毎日筆を持つのが理想なんだけど
なかなか時間も足りないので、さぼる時もありますが
これからはもっと意識して、筆を持つ時間を増やしていきたいです。

usayamamaは褒められて煽てられ、調子に乗って上達するタイプ。
先生、よく分かってらっしゃる!
[PR]

by usayamama | 2007-05-14 23:14 | お稽古事

ふらふらと   

d0071590_2256297.jpg
本日御茶ノ水の駅を降りたら、お神輿に遭遇。
神田祭だった!見物したかったけど、ぐっと我慢して用事を済ませる。

う〜ん、時間が半端だ、そのまま家に帰るのも少し勿体ない気がして
ふっと思いついたのが歌舞伎座の幕見。
こーゆー時には幕見があるではないか!混んでいなければ入れる、このゆる〜いシステム。
販売10分前に到着したけど、思ったより混んでなくて、余裕で入れました。
観たのは『女暫』、感想はまた後日に。

終わったのは17:30くらい。まだまだ外は明るいので、何だかふらふらと銀座から東京まで歩いてみました。写真は鍛冶橋の辺り。新幹線見たら旅行にも行きたくなってきた。
ひんやりした夕方の空気が気持ち良いお散歩でした。
[PR]

by usayamama | 2007-05-13 23:07 | お散歩

叔母の願い   

小学生の甥っ子と1歳児の姪っ子がいるんだけど
この二人には何かにつけては本を贈っています。
甥っ子は最近「歴史が好き!」なんて嬉しい事を言ってくれる。
吉原?歌舞伎?お姉さんが色々教えてあげるわよ〜(偏り過ぎ?)。
それはさておき、ちびっ子には大人になっても印象に残るような本を読んで欲しいです。

先日子供の日のプレゼントでやっぱり本を選びに行ったんだけど
私自身も大昔に読んでいた本を見つけては立ち読み・・・。
プレゼント選びを放棄して楽しみました。

私が読んだ絵本で一番印象に残っているのは加古里子さん。
『だるまちゃんとてんぐちゃん』『おたまじゃくし101ちゃん』『どろぼうがっこう』
『とんぼのうんどうかい』、今でもちゃんと残っています。
あとはルドウィッヒ・ベーメルマンスの『マドレーヌ』のシリーズも好きだったなあ〜。

この二人のこれからの人生ではどんな読書歴が出来上がって行くのか。
叔母ちゃんは興味深く見守っています。
[PR]

by usayamama | 2007-05-07 23:13 | 日々の事