桜桃忌   

本日6月19日は桜桃忌。
太宰治の命日ですね。誕生日でもあります。
そして、今年は太宰治の生誕100年にも当たります。

太宰治は高校生の頃少し読んで、大変暗い話ばかりで嫌になったんだけど
大人になってから読むと不思議な事に「なんて明るいんだ」と思ってしまうの。
そして、日常の生活の中で誰もが味わうちょっとした、スルーしちゃうような感情を
丹念に拾って、文章に置き換えてくれていると私は思います。
まさに身を削って書いた作品たちは現代にも十分に通用しています。

今年は生誕100年だからか、『パンドラの匣』やその他映画も上映されるようだけど
やっぱり太宰は活字でしょ!
太宰治の言葉は厳しくて、優しくて、懐かしいです。
今は『富嶽百景』読んでます。
まだまだ読んでいないのもあるので、再読も含めて色々読んでみたいな。

読んだ事のない人にもぜひ読んで欲しいな。
自分に当てはまる一文が必ず見つかると思います。
[PR]

by usayamama | 2009-06-19 23:17 | 読書

<< 竹久夢二美術館 ブーム再来 >>