二大巨匠   

実はマンガ大好きです。
マンガ歴は意外と長くて、姉の影響もあって幼稚園の頃には
女の子が一度は手にした「りぼん」を愛読していました。
大学受験の時には全てのマンガを封印して、合格するまでは読まない!
なんて可愛い事もしたっけなあ。

私が多大な影響を受けた漫画家は手塚治虫さんと一条ゆかりさん。
手塚作品一番のお気に入りはストイックな天才外科医「ブラック・ジャック」。
メッセージ性が強い手塚作品はいつまでも色褪せないですね。
一条作品一番のお気に入りは「砂の城」。主人公の女性がこれでもか!ってくらい
不幸の連読で、誰もがハッピーになれないという暗いお話。
でも、これにはまった方は多いのではないでしょうか?
この秋、一条さんの「有閑倶楽部」がドラマ化されたらしいの。何て無謀な・・・。
あの絵がいいのに!あの絵の上手さが好きなのに。

この前本屋に行ったらその「有閑倶楽部」の文庫サイズが
10巻ずら〜っと平積みされていたの。
10冊手に取ってレジに直行していたわ・・・。大人買いってこーゆー事?
昔買って手放したけど、結局また手元に戻って来た。
良い作品はやっぱり手元にないとね。マンガはもうしょうがない!
[PR]

by usayamama | 2007-10-24 21:51 | 読書

<< ボクシング親子の顛末 芸術祭十月大歌舞伎 夜の部 >>