iTunes Store   

最近音楽をちょこちょこ買っちゃいます。
ネットで本を買う、ネットで美味しいものをお取り寄せする、うんうん想像出来るね。
しか〜し、音楽買うって!CDとかでもなく曲を買うって???
数年前には考えられなかったな。

CD買っても入っている曲全部が気に入るって事はなかなかないんで
私みたいな飽きっぽい人間には1曲づつ買えるのは非常に有難いです。

今日は山崎まさよしさんの「僕と不良と校庭で」を買ったよ。
この歌はかなり以前に聴いてたけど、今日急に思い出しました、何でだろう・・・。
秋の空のせいかも知れないわ。学校とか校庭とかって秋のイメージなんですよね。




突然の君の便りは懐かしい不器用な文字と
どこか遠い国の空の絵葉書

あの頃やがて僕らも大人になると思ってたけど
はっきりとした未来は描けずに過ごしていた

校舎の上に広がる5時限目の空
退屈な世界史より風に揺れてる窓の外ずっと見てた

そして人並みに恋もして月並みな悲しみも知ったけど
まだ僕は過ぎてゆく日々に迷い残してる

手にしたものはいくつか色褪せてたけど
おぼつかない指先で憶えた唄は今もまだ歌ってる

いつかの夕闇迫るあの校庭から
僕らの細い影はどこまでも伸びてった

突然の君の便りに短い返事を出すことにした
今僕が歩いてる街の写真を添えて

確かなことは今もまだ見えないけれど
これから何処に向かうのかわからないけれど
息を切らし走り抜けたあの校庭に新しい風が吹く
[PR]

by usayamama | 2007-09-25 23:48 | 日々の事

<< 秀山祭九月大歌舞伎 マッサージ >>