八月の納涼大歌舞伎 第一部   

寂しいかな、納涼歌舞伎も最終回を迎えました。
チケットと時間のやりくりに苦戦しながらも結局全部を観る事が出来ました。

◉八月の納涼大歌舞伎 第一部
1、「磯異人館」
2、水上勉作「越前一乗谷」

「磯異人館」は幕末の薩摩が舞台。私の好きな幕末だ〜。
これはねえ、一言で言うと「熱かった!」。
薩摩のガラス職人(勘太郎さん)と琉球の王女(七之助さん)の淡くて叶わない恋の
お話を中心に当時の薩摩藩の微妙な立場やら、生麦事件の話もちらほらと。
薩摩に来ているイギリス人紡績技師のハリソンには亀蔵さん。
ハリソンが日本語喋るシーンになると場内からクスクス笑いが起こるの。
この役は亀蔵さん以外はちょっと考えられないね。
「越前一乗谷」は踊りです。踊りはよく分からないんだけど、この踊りは今までに
観た事のないような内容でした。踊りも舞台装置も。
あーゆーのを斬新というのでしょう。すごくスピード感があって、楽しめました。

まとめて大きな夏休みを取らない事にした今年のusayamama。
その代りに平日にちょこちょこと休む事にしました。
その休みを使って行ったのは第二部再び・・・。
私のゴットハンドでもチケット取れなかったので、こーゆー時は幕見だ!
2時間ちょっと並んだよ。本読んでれば2時間なんてすぐなんだけど
この猛烈な暑さはちとキツかったわ。でも満足しています。
[PR]

by usayamama | 2007-08-29 22:23 | 歌舞伎

<< ボーリング! 八月納涼大歌舞伎 第三部 >>