日本史A用語集   

試験勉強でお世話になった人も多いのではないでしょうか。

『日本史A用語集』 山川出版社
日本史の中で重要とされる用語がひたすらピックアップされていて、ひたすら延々と
各用語の説明が並べられている本です。本、いや参考書なのでしょう、きっと。
でも、あくまでも「読書」です。短い文で解説してくれているから、分かりやすい。
赤字で書かれているのは出題頻度が高い用語。でも、試験勉強じゃないも〜ん。
赤字も黒字も関係ないです。

参考までに、どんな用語が赤字かといいますと・・・
前方後円墳、太政大臣、墾田永年私財法、摂関政治、国風文化、後白河上皇
書院造、イエズス会、武家諸法度、生類憐みの令、千歯扱、出島、朱子学、目安箱
王政復古の大号令、廃藩置県、華族、日比谷焼打ち事件、八幡製鉄所・・・


懐かしい用語はありましたか? 大人の勉強って楽しいですね。
[PR]

by usayamama | 2007-04-24 21:51 | 読書

<< 幕末モノ2冊 三つ子の魂百まで >>