三つ子の魂百まで   

昔の人は上手い事言ったもです。

先日私が保育園に通っていた時期(1歳〜3歳まで)の記録を読みました。
保育園と家庭との連絡事項が交わされている、古い連絡帳です。
先生と親との交換日記のようなカンジです。
記憶も朧げな頃なので非常に興味深く読んだのだけど、これがかなり笑える。
ほぼ毎日の事が記されているので、自分が知らなかった家庭の事情やら
自分の保育園での暴君っぷりが赤裸々に書かれていた。

読んでみた一番の感想は、今の自分とたいして変わらないという事。
要するに気まぐれで、マイペースで、自分の領域を大切にしている・・・。
保育園の先生が手を焼いている様子もよく伝わってきた。

でもちょっと可愛いお話もあるのでひとつだけ紹介。
2歳のusayamamaは家で歯磨き中に親から「後ろも磨きなさい」と言われて
元気に返事をして首筋の辺りを歯ブラシでこすっていたそうな。
まあ、なんて可愛いのかしら♥
後ろは勿論「歯の後ろ」の事ね。天然?おバカ?いやいやこんな頃もあったのだね。
[PR]

by usayamama | 2007-04-23 00:07 | 日々の事

<< 日本史A用語集 四月大歌舞伎 夜の部 >>