フラガール   

レンタル屋さんに行ったら、全部貸し出し中になっていて
そうすると余計に観たくなって、次の日のようやく手にしました。

舞台は昭和40年の福島県いわき市の炭鉱町。
本州最大の炭鉱として隆盛を誇ってきたが、石炭から石油へとエネルギー革命が押し寄せ
閉山が相次いでいる。この危機を救うために炭鉱会社が構想したのが、わき出る豊富な温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”。そのハワイアンセンターでダンサーとして踊る事になった女の子達とその周囲の人々のお話。


この女の子達が可愛いの。特に紀美子(蒼井優)が健気でひた向きで。
若い女優の中では今一番好きです。
ほんわかして、肩の力が抜けたような空気が漂っていて和みます。
そして福島の方言がとにかく自然。
福島出身の友人曰く「福島の方言のツボよく押さえている」との事。

炭坑の町から抜け出したい若い子達、自分の子供の夢に賛成できない親、
炭坑一筋で、ハワイアンセンター自体に反対の人々、炭坑の町で素人相手に
ダンスを教える先生の葛藤・・・。
素晴らしい邦画がまた一つ増えました。
[PR]

by usayamama | 2007-03-27 22:32 | 映画

<< 江戸東京物語 春の準備 >>