図書館の本   

久しぶりに図書館に行きました。

図書館にある古い本て独特の香りがしませんか?
文庫本とか現代の作家のものだとあまり感じないんですが
古い文学全集とか、明治、大正の頃の作家さんの本なんかで。
私が特別感じるのは江戸川乱歩の本(さほど古くはないんですが)。
開くとあの香りがじわじわと漂ってきて
小さいシミというか斑点のようなものが着いていると
そこから何か感染するのではないかしら?な〜んて思う時があります。
まあ、私のいつもの妄想なんですけどね。

角田光代さん、天童荒太さん、三浦綾子さんなどなど借りて来ました。
相変わらずの支離滅裂の手当たり次第です。
[PR]

by usayamama | 2007-01-21 23:05 | 読書

<< 甘かった! ある日のお夜食 >>