東京都美術館   

d0071590_1451599.jpg
秋の美術鑑賞週間第二弾、東京都美術館です。
「大エルミタージュ美術館展〜ヴェネツィア派からモネ、ゴーギャン、ルノワール、ピカソまで」です。

ロシアのヤリ手女帝エカテリーナ二世のが作ったこの美術館。領土を広げる戦争を行いつつ
この美術館に「エルミタージュ(隠れ家の意)」と名付けて、文化の面でも大きな功績を残した女帝はすごい!
そのエカテリーナが集めたのか〜と考えながら見ると神々しかったです。

一番見たかった看板にもあるゴーギャンの絵は思ったよりもトーンが押さえ気味で、描かれている女性の肌の色が美しかったです。
もっと濃い色使いだと思っていたけど。
少し苔に似ているな、と思ったのは多分私だけ・・・。
[PR]

by usayamama | 2006-11-28 15:08 | 美術館・博物館

<< 江戸東京博物館 危険な待ち合わせ >>