繋がった!   

d0071590_2195222.jpg
これは昨日の歌舞伎座の様子なんだけど
11月はいつもと違うモノがあります。

屋根にちょこんと青い櫓が揚がっています。これは11月だけお目見えです。
よく見えないけど、歌舞伎座の紋の鳳凰と「きゃうげんづくし」と染め抜かれています。

「江戸文化歴史検定」のテキストの中にあった話を思い出しました。
江戸時代に櫓を揚げる事が許されていたのは公許の小屋のみ。つまり中村座、森田座、市村座の三座のみです。
ちなみに森田座は現在の歌舞伎座とほぼ同位置にあったとの事。
今は公許も何もないとは思いますけど・・・。

あら?江戸検定役に立っているじゃないの!歴史があるっておもしろいですね。
[PR]

by usayamama | 2006-11-24 21:26 | 歌舞伎

<< 本郷界隈 吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 >>