座頭市   

好きで好きで、何度も見ていますが、また見ちゃいました。

「座頭市」(’03)
盲目の居合いの達人・座頭市とヤクザの一味との対決。
ヤクザの銀蔵と金持ち商人・扇屋が仕切っている宿場町。
そこへ三組の旅人がやってきた。
一組目は浪人・服部源之助とその妻・おしの、二組目は旅芸者のおきぬ、おせいの姉妹。
そして居合いの達人である按摩・座頭市・・・。

金髪の座頭市?なんて初めは思ったけど、北野武作品の中では一番のお気に入り。
最後のタップのシーンがとても良くて。座頭市のエンディングにタップ。
こんな組み合わせを実現させちゃった北野監督には拍手喝采です。

でも、このリメイク版も勝新さんの完璧な座頭市あってこそですね。
[PR]

by usayamama | 2006-10-10 22:37 | 映画

<< 歩いて、座って イルマーレ >>