秀山祭九月大歌舞伎 夜の部   

昨日はかっぱ橋の後夜の部へ。
今日は昼の部へ。都合上変な予定になってしまいました。
昨日の夜9時過ぎまで歌舞伎座にいて、今日も朝10時半には歌舞伎座前に。
一体私の週末って・・・。

今日は私と同じ位歌舞伎好きな姉と行ってきました。
彼女は私に「狂ってる!」なんて言いながら自分は歌舞伎の為に
博多まで行ってしまう熱狂っぷり。まあ、どっちもどっちなんですけどね。

昼の部は以下の演目。



1、菅原伝授手習鑑「車引」
松梅桜の名前を持つ三人兄弟が別々の主君についた事から、兄弟が敵味方に別れてしまう
お話。(端折り過ぎ?) 派手で歌舞伎の様式美満載の一幕。初めて歌舞伎座に行く友人
にはこんなの見せてあげたいな。

2、双蝶々曲輪日記「引窓」
代官として捕らえなくてはいけない人物が義理の弟だった、というお話。
吉之丞さんのお幸が、とっても説得力ありでした。与兵衛へ人相書を売ってくれと
懇願するあたり。年老いた母の哀れさが痛切でした。

3、六歌仙容彩「業平小町」「文屋」
踊りです。六歌仙ですから在原業平と小野小町です。雀右衛門さんの小町に目が釘付け。
梅玉さんが手を取ったりしている様子が何とも微笑ましくて、そんな事ばかり見てました。
文屋はコミカルな要素が多い内容だけど、初めに女官がぞろぞろ出て来た時点で笑けてしまって・・・。
歌舞伎ではよくぞろぞろと役者さんが出てくるシーンがありますが
ツボに入ってしまうんです。道成寺の所化なんて最高。

4、菅原伝授手習鑑「寺子屋」
実は今までイマイチ苦手だった菅原伝授手習鑑ですが、寺子屋観て克服。
やっぱりライブで観ると色々と伝わってくるものがあって。
今日は大盛り上がりの大向こうさんだったけど、どうしてお焼香のシーンの所で
「待ってました!」なんだろう・・・。見所まだまだ分からない私です。

はあ、長くなってしまいましたが、大収穫の秀山祭でした。
[PR]

by usayamama | 2006-09-24 22:42 | 歌舞伎

<< 受験します かっぱ橋道具街 >>