さよならでした   

先日行った吉祥寺の「いせや」が25日で閉店する事を知りました。
老朽化による立て替えだそうです。
それを知って昨日は最後のお別れに外からちらっと眺めてきました。
皆さん写真を撮ったり、スケッチしている方もいました。
大勢の人に愛されていたお店だったんです。

今思えばあれだけの長蛇の列は見た事がなかったな〜。
というか並んで入った事がなかった。やっぱり理由があったのね。
それにしても寂しい。あのお店では色々ありました。
先日も書いたように汚くて、いつでも煙が充満してるけど
冬は外から見るとホントに温かい空気が漂っていて、中に入ってほっとしたものです。
夏はちょこっと立ち呑みも出来る大きなカウンターが気持ち良かった。
休日の昼間に飲む時はここだったし。

馴染みのお店が消えて行くのは寂しいものですね。
新宿歌舞伎町にあったスカラ座が消えた時も寂しかったけど
古いものがなくなる寂しさ、馴染みのお店が消える寂しさ。
歳を重ねるにつれてこんな事がますます増えて行きます。


いせや総本店閉店について
[PR]

by usayamama | 2006-09-23 10:25 | 日々の事

<< かっぱ橋道具街 吉祥寺の名店 >>